あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

去年の出来事ですが、中々体験できない貴重な体験を息子がしましたのでご紹介します。

 

妻の実家の近所に、人の手にのせたエサを野鳥が食べに来るお宅があるということで、息子がおばあちゃんと一緒にそのお宅へ行きました。

息子が手のひらにエサをのせて、しばらく待っていると野鳥が息子の手のひらに乗ってエサを食べました。

222

息子はその光景に大興奮です!

続いておばあちゃんも手のひらにエサをのせると、また野鳥がやってきてエサを食べました。

 

このような中々、体験できないことを体験できたので息子は大喜び。

私も妻の実家の大自然の中でこのような体験ができたことが嬉しかったです。

 

これからも息子にはいろんな体験を通じて心豊かなやさしい子になってもらいたいと思う今日この頃です。

 

高知支店 岡本

1

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

 

(有)コープサービスしこく 職員一同

今年も残すところあと数日となりました。

皆さんは、今年1年どんな年でしたか?

私自身は、今年1年いろいろなことが身の回りに起こりすぎて、本当にあっという間に1年が過ぎてしまいました。本店担当Nです。

 

 

今年の初めは、子供の学校の役員の中で一番大変(私の住んでる地域は特に)な役がまわってくる年で、その引き継ぎの日に家族が急に倒れ入院・・・。

生まれて初めて救急車に乗りました。

そして無事退院しほっとした矢先、今度は子供が両手首骨折・・・。

修学旅行2週間前の出来事で、両腕(手首なのに二の腕まで固定なんですね?!)をギプスで固定。自分では日常生活が全くできない状態のため学校にも行けず完全介護状態。仕事も休まねばならず職場に大変な迷惑を掛けました。

こんな状態じゃ修学旅行に参加できない!!でも、一番思い出に残る行事だから行かせてやりたい!!

という親心で、学校・病院の先生に相談した結果、親も参加できれば修学旅行に行けるとの条件で、〇十年ぶりに修学旅行に参加してきました。

子供は嫌だったかもしれませんが、私はそれなりに楽しみました。

強行日程でしたが子供たちは元気いっぱいで疲れ知らず・・・という感じでした。若いっていいなぁ(^^;)

 

 

夏休みは、子供の習い事のイベントが毎週のようにあり充実した日を送りました。

そして、小学生最後の運動会。練習では一度も成功していないという子供の組体操も大成功で感動し、興奮冷めやらぬ状態で翌日からのシルバーウィークに家族旅行へ。

 

そんなこんなのドタバタ1年でした。

 

 

align=

毎年、年始の初詣で何気なく『家族みんなが元気で1年を過ごせますよ~に』とお願いしてますが、今年は本当にこの言葉の重みを実感しました。

そして、コープの保険に加入してるおかげで経済的な心配もなく過ごせました。

皆さんも、保険を見直されてみてはいかがですか?

何かあってからでは遅いです!健康なうちに見直しを・・・

 

残り数日。無事に年末年始を迎えられますよ~に☆

みなさんも、よい年末年始をお過ごしください☆。・*・。.

はじめまして!

12月1日より入協しました内海長利(うつみながとし)です。

 

3人の個性的な男の子と恐妻の5人家族です。

最近肌の張りが気になり始めアンチエイジング対策に奔走しています。

 

我が家の3兄弟

1

 

意外と器用な一面もあります!

2

 

20代の頃の私です

3

 

 

現在は右も左も分からぬ中ですが、丁寧にご指導いただきながら少しずつ業務を覚えています(^-^;

見かけましたらお声がけいただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

~組合員様の多様なリスクや不安にお応えできるよう精一杯の提案をさせていただきます。~

 

徳島支店山田です。

職場で毎年健康診断を受診しており、今年も受診が近づいてきました。

今回は、私が保険募集の仕事に携わって、特に「がん保険」のお話の時に気になって良く話させていただく内容ですが、徳島県では「がん検診」の受診率が全国平均に比べて低いのです。

県民の有職率などの条件の違いも要因かと思いますが、厚生労働省のデータを参考に紹介させていただきます。

保険では、金銭面で多少なりのお力になる事は出来ても、健康は戻らない場合もございますので、是非受診されていない方のご参考、また受診のきっかけになれば幸いです。

 

1

 

(徳島県)

胃がん        全国44位

大腸がん    全国45位

肺がん        全国41位

乳がん        全国35位

子宮頸がん           全国31位

 

また高価な検診では、1泊2日での検診を実施しているような施設もありますが、市町村でも下記のような制度がありますので是非ご参照ください。

詳しくは、厚生労働省や徳島県・市町村のホームページにも記載がございます。

 

【市町村の検診】

概要

がん検診については、会社等の検診でメタボ検診などと一緒に行われる場合、人間ドック等で行う場合の他、お住まいの市町村で行っています。

特に「胃がん」「子宮がん」「肺がん」「乳がん」「大腸がん」の5種類のがん検診については、がん検診の専門家やがん医療の専門家などから構成される「がん検診に関する検討会」において、きちんとした科学的データをもとに、「がん検診の効果」「対象者の範囲」「検査方法」等の検討が行われ、その結果を踏まえて実施されているものです。

内容

種類 検査項目 対象者 受診間隔
胃がん検診 問診及び胃部エックス線検査 40歳以上 年1回
子宮がん検診 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診 20歳以上 2年に1回
肺がん検診 問診、胸部エックス線検査及び喀痰細胞診 40歳以上 年1回
乳がん検診 問診、視診、触診及び乳房エックス線検査

(マンモグラフィ)

40歳以上 2年に1回
大腸がん検診 問診及び便潜血検査 40歳以上 年1回

※1 子宮がん検診 :有症状者は、まず医療機関の受診を勧奨。

ただし、本人が同意する場合には、

子宮頸部の細胞診に引き続き、子宮体部の細胞診を実施。

:平成15年度まで、対象者は30歳以上、受診間隔は年1回。

※2 乳がん検診 :平成15年度まで、対象者は50歳以上、受診間隔は年1回。

  • がん検診については、健康増進法第19条の2に基づく健康増進事業として市町村が実施。
  • 厚生労働省においては、「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」(平成20年3月31日厚生労働省健康局長通知)を定め、市町村による科学的根拠に基づくがん検診を推進。

 

20 / 32« First...10...1819202122...30...Last »