コープサービスしこく

Menu

スタッフブログ

第54回愛媛マラソン

昨日(2016年2月7日)は第54回愛媛マラソンが過去最多の1万292名の参加で開催されました。

 

スタート時の天候は曇り、気温が6℃と少し寒かったですが、予報は昼から晴れ。

昨年は途中から横なぐりの雹と雨、その後晴れるというめまぐるしく天候が変わるコンディションでしたが、それを思えば今年は風もなく絶好のマラソン日和。

 

大会ゲストのQちゃんこと高橋尚子さんいわく、「適度に湿度もあり自己ベスト更新には今日は絶好のマラソン日和」という言葉にも煽られ、前半は快調に走ります。

20Km過ぎまで順調に走りましたが、30Km過ぎから徐々に足にきました。

 

1月は月間累計200Kmを走る計画でしたが、中旬の冷え込みで2週間走らず、月間100Km(実走行日5日間)では、やはり30Kmの壁は高く厚いものでした。

たくさんの沿道の方の応援を受けて、なんとか4時間8分台でゴールできました。

1

 

目標の4時間切りには届きませんでしたが、職場のみなさん、抽選漏れで出走できなかった方、多くの皆さんに応援いただいて今年も完走することができました。

 

 

寒い中応援していただいたみなさん、本当にありがとうございました。

FullSizeRender

 

両田

スタッフの日常 / 2016年02月09日

節分

2016年もはや1/12が終わり、2月に突入しましたね。

先日は何十年に1度あるかないかの極寒の日もありましたが、暦の上ではもうすぐ立春です。

 

立春の行事と言えば節分(せつぶん/せちぶん)ですが、もともと各季節の始まりの日(立春、立夏、立秋、立冬)の始まりの前日の事だと知っていしたか?

つまり『季節を分ける』ことを意味する雑節の一つだそうです。

 

江戸時代以降はその中でも特に立春(毎年2月4日頃)の前日を指す場合が多くなったようです。春が来るのが一番待ち遠しかったからでしょうか。

 

節分の行事と言えば『豆まき』ですね。

一般的には『鬼は外、福は内』と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて年齢の数(または一つ多く)豆を食べて厄除けを行いますよね。

最近は食べる豆の数も多くなってきたのが…です(>_<)

1

 

2

 

 

また、邪気除けの柊鰯(ひいらぎいわし)を門口に飾ったりしますよね。

私は恥ずかしながら飾ったことがありません…。

 

また近年は、その年の恵方を向いてだまって『恵方巻き』を食べるというのが流行ってきていますよね。

ちなみに『恵方巻き』という名称はセブン・イレブンが1998年(平成10年)に全国発売にあたり、商品名を『丸かぶり寿司 恵方巻き』としたことにより広まったとされていることをご存知でしたか?

 

 

それ以前は『丸かぶり寿司』『節分の巻き寿司』『幸運巻き寿司』と呼ばれていて『恵方巻き』と呼ばれていた文献は見つかってないようです。

そもそも節分に巻き寿司を食べるようになったのは、江戸時代頃の海苔商人の商売戦略が始まりだったとも言われています。

いつの時代も商売人の戦略に踊らされているのですね(笑)。

 

3

 

でも、まんまとはまってその行事を楽しんで、福を招き寄せたいたいと思う今日この頃です。

ちなみに2016年の恵方(その年の神様がいるとされる方角)は、『南南東』だそうです!

 

担当 T

スタッフの日常 / 2016年02月01日

成人式

本年もよろしくお願いいたします。徳島支店の富永です。

 

1月10日次女の成人式に参加してきました。

IMG_0077

私たちの頃の成人式はたしか1月15日だったように思いますが、いつからか1月の第2月曜日が成人の日になりましたね。

3連休をつくるためのハッピーマンデー制度なのですね。

 

成人式とは、大人になったことを自覚し、みずから生きぬこうとする青年を祝いはげます会のはずですが、残念なことに最近ではよく荒れた成人式をニュースで目にします。

私の住んでいる地域の成人式はとても穏やかで何事もなく終わったので安心しました。

 

娘の小さい頃からの友人や、そのお母さんがた、娘の恩師の方々に久しぶりにお会いできてとても懐かしくて嬉しかったです。

本当にたくさんの人に支えられてここまで大きくしてもらったのだと実感しました。

 

これからも周りの人への感謝の気持ちを忘れずに、すてきな女性になっていってほしいなと願うばかりです。

l20150817184659

スタッフの日常 / 2016年01月25日

我が家のお正月

少し遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。 生保担当の西田です。

今回は我が家のお正月についてお話させて頂きます。

 

我が家の年末年始は毎年私と嫁の実家がある宇和島で過ごします。

冬休みに入ると息子は浮き足立ちはじめ、帰省する日まで「あと何日・・。」とカウントダウンを始めます。

私も子供の頃そうでしたが、親戚と顔を合わせ一年間の無事を喜びあうにぎやかなお正月は特別なもので、待ち遠しくて仕方がないといった感じでした。

あと、お年玉も。

 

元旦の恒例行事として朝一番に兄弟家族と一緒に、近くにある 和霊神社へ初詣に出かけます。

DSC_0018

 

産業の神として各地から多くの参拝客が訪れるこの「和霊さま」には日本一の大きさを誇る御影石作りの大鳥居があり境内は荘厳な空気に包まれています。

 

DSC_0019

 

年男の私と息子はいつもより少し長めに今年の抱負をお祈りしたあと、幅3.6メートル高さ2.3メートルもある大絵馬の前で記念撮影。

 

DSC_0016

 

毎年同じ場所で撮り続けているこの写真を見返すと子供たちの成長を確認する事が出来ます。

今年は朝日を浴びて少し眩しそうでした。

 

お参りした帰り道は、まだ準備が整っていない出店の前をゆっくり散策。

 

今年は天気も良く例年と比べそれほど寒くない初詣日和でいつもと変わらないお正月でしたが、来年もまた無事に家族そろってお参りできる事が何よりだと感じた年初めでした。

 

スタッフの日常 / 2016年01月18日

息子の手に野鳥が・・・

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

去年の出来事ですが、中々体験できない貴重な体験を息子がしましたのでご紹介します。

 

妻の実家の近所に、人の手にのせたエサを野鳥が食べに来るお宅があるということで、息子がおばあちゃんと一緒にそのお宅へ行きました。

息子が手のひらにエサをのせて、しばらく待っていると野鳥が息子の手のひらに乗ってエサを食べました。

222

息子はその光景に大興奮です!

続いておばあちゃんも手のひらにエサをのせると、また野鳥がやってきてエサを食べました。

 

このような中々、体験できないことを体験できたので息子は大喜び。

私も妻の実家の大自然の中でこのような体験ができたことが嬉しかったです。

 

これからも息子にはいろんな体験を通じて心豊かなやさしい子になってもらいたいと思う今日この頃です。

 

高知支店 岡本

スタッフの日常 / 2016年01月12日

あけましておめでとうございます

1

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましてはつつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。

なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどお願い申し上げます。

 

(有)コープサービスしこく 職員一同

新着情報, 未分類 / 2016年01月01日
ページ先頭へ