コープサービスしこく

Menu

スタッフブログ

ランチ

こんにちは。本店営業の高橋です。

先日奥さんと結婚記念日に久しぶりに2人でランチに行ってきました。

4歳と1歳の子供がいるので普段は行けないお店にしました。

前々から気になっていた「俺のフレンチ」。

お店に着くと並んでいるじゃないですか!まだまだ人気なようです。

頼んだメニューの名前や写真を撮るのは忘れましたが

こんな料理と昼からお酒をたしなみました。

お店では演奏があり、少し場違いな感じはしましたが堪能できました。

 

次は遂に松山に「いきなりステーキ」が出来るので行ってみたいと思います。

20歳を過ぎてからは、どうも牛肉や豚肉が体に合わなくなっていますが、いいお肉を味わう事が出来れば幸いです。

スタッフの日常 / 2018年05月29日

はじめまして!

 

はじめまして。高知支店で保険事務の担当をしております。

組合員様のお役に立てるよう努めてまいりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

私事ですが、先日、年に一度の健康診断を受けてきました。

ところで胃の検査ですが、皆様はバリウム(胃透視)派ですか?

私はバリウム派だったのですが、再検査となり、泣く泣く胃カメラを飲む事となりました。

そこで先日の胃カメラ(経鼻)検査の内容を少しだけご紹介いたします。

最初に胃の気泡を取るための液体(消泡剤)を紙コップ一杯飲みます。次に鼻腔を広げる液体を噴射します。

そして内視鏡を挿入する鼻に麻酔液を注入します。

麻酔液はのどに流れてくるので、おいしくはありませんが、飲み込みます。

麻酔が効くまで少し待った後、カメラより細いチューブ、次にカメラと同じ太さのチューブの順で、鼻に挿管します。

そのままの状態で待機し、自分の順番が来たら、検査台に横向きに寝て、カメラを入れていきます。

経鼻は苦しくないと聞きますが、やはり喉のあたりをカメラが通過する際には、嘔吐反射があります。

看護師さんによると、コツは口からゆっくり深呼吸しながら、肩の力を抜いて、目は開ける事だそうです。

あと、検査の際は絶対に唾液を飲み込んではいけません。飲み込んでしまうとむせてかなりつらいです。

私はできませんでしたが、慣れてくるとカメラの画像を見ながら普通に会話する事もできるようです。

 

内視鏡検査は、鼻からと口からではどちらを選択する人が多いのでしょうか?

僅差で鼻からが多いようですが、それぞれにメリット・デメリットがある為、実際はあまり変わらないようです。

例えば、鼻からのメリットは嘔吐反射が少ない。

口からのメリットは組織採取など胃内の組織の一部をとることができる機能がある。

などといった事でしょうか?

 

皆様もご自身の健康管理の為に、年に一度は健康診断を受けましょう。

高知支店 H

スタッフの日常 / 2018年05月21日

母の日

今年は5月12日(日)が母の日です。

ところでみなさんは母の日の起源って知っていますか?

中世まで遡るなら、17世紀のイギリス。

復活祭(イースター)の40日前の日曜日を『マザーズサンデ―』とし、奉公に出ていた子どもはその日だけ実家に帰り、母親に会って親孝行する事が許されたそうです。

 

そして月日は流れ、1905年5月10日、母を失った一人のアメリカ人女性アンナが、亡き母を忍んで追悼会を行いました。

その思いに感動した人々が翌年『母の日』を祝い、さらに普及しようと働きかけたそうです。

その働きがやがて大統領の耳に届き、1914年アメリカ大統領ウィルソンが5月の第2日曜日を『母の日』を国民の祝日として定めました。

それが世界に広まり、現在のような形になってきたそうです。

ちなみにカーネーションを贈る習慣は、アンナが追悼会の参加者に母親が好きだった白いカーネーションを手渡したことに由来しているそうです。

 

最近は“あじさい”も母の日のプレゼントとして人気が高まっていますよね。

私は誕生月の花である“ひまわり”を娘からもらいました(^^)


また、ランチの予約をしてくれており、主人と娘と3人で楽しいランチタイムを過ごし、そのあと3人で主人のお母さんへプレゼントを届けました。

 

以前はプレゼントに迷っていましたが、もらう側になるとその気持ちが嬉しいので、最近はあまり迷いすぎないようになりました(笑)

母の日のプレゼントを長く送り続けられますように…

スタッフの日常 / 2018年05月14日

あわじ花さじき

皆さんゴールデンウィークは楽しく過ごされましたか?

私は花粉症もようやくおさまり、どこかへお出かけしたかったのですが、渋滞のことを考えると本州に足を踏み入れる勇気が出ませんでした。

 

4月に就職した娘もようやく落ち着き、近場でお花でも見て癒されようということになり、淡路島の花さじきに行ってきました。

今まで淡路島は関西に行く時の通過点でしかなく、サービスエリアしか立ち寄ることがなかったのですが、花さじきは一年中お花が咲いている公園ということで有名なので一度行ってみたいと思っていました。

 

菜の花が終わり、今はアイスランドポピーが見頃ということでインスタ映えの写真をたくさん撮ってきました。もちろん娘のインスタです。

一面に色とりどりのポピーが咲いていてもうめちゃめちゃ可愛くて感動しました。

 

でももし行かれる方がいましたら「蜂」に注意です!!

ミツバチもたくさんいましたが、もっと黒くてでっかいのが頭の上をブンブン飛んでいます。めちゃくちゃ怖かったです。

 

 

夏にはひまわり、秋にはコスモスの写真をお見せできればと思っていますのでお楽しみに。

徳島支店の富永でした。

スタッフの日常 / 2018年05月07日

こんにちは

こんにちは、本店生保営業担当の西田です。

みなさまGWはいかがお過ごしでしょうか?

我が家は息子の部活で予定が立たず遠出は見送り・・・。お家でゆっくり過ごす事となりました。

 

昨日、息子と遊びに来ていた息子の友達と三人でボーリングへ行って来ました。

ボーリンング場が近いので最近は暇な時間を見つけて通っています。

腕前は、スコアで最近始めた息子に何とか負けないレベルを彷徨っているところです。


この歳となるとなかなか上達しませんので息子に追い越される日も近いと覚悟しています。

この日は仲の良い友達が一緒という事もあってより一層楽しそうで、二人でどうすればまっすぐ球が投げられるのか工夫しながらプレイしていました。

息子は、小学生の子ども会の催しで初めてボーリングをした時に勝手が分からなかったようで、私が初めてボーリングに誘った時には苦手意識があり、あまり乗り気ではありませんでした。

それが今では積極的に自分で工夫しながら楽しむ様になりました。

これからも、何事もまずやってみる精神でいろんな事に興味を持って行動してもらえるといいなと感じた休日でした。

スタッフの日常 / 2018年05月01日

キネマM

「ローサは密告された」

「午後8時の訪問者」

「ポンチョに夜明けの風はらませて」

「一万年後の子供」

「キングスマン/ゴールデンサークル」

「しゃぼん玉」

「絵の中のぼくの村」

「パターソン」

「嘘八百」

「女神の見えざる手」

「希望のかなた」

「biank13」

 

今年になってほぼ3月までに観た映画です。

昨年より明らかに多い、月に4~5本のペースです。

 

「キネマM」 昨年10月に1年の期間限定の映画館が高知市中心部にオープンしたからです。

 

ミニシアターと名画座の、以前紹介した「あたご劇場」と同じ系統ですが、かなりおしゃれ。

 

父は奥田瑛二、母は安藤和津、妹は安藤サクラ、義弟は柄本佑の、映画監督、安藤桃子の映画館だからです。

 

映画「0.5ミリ」のロケで高知が気に入り移住、映画館の少ない高知での文化発信にと立ち上げたとのこと。

 

早速、会員となり月2回のペースで通っています。

 

 

高知の街に出たなら、劇場だけでも観に行く価値ありと思います。

 

 

おまけ

劇場入り口で「土佐泥酔党」のチンドン屋さんパフォーマンス。

知る人ぞ知る謎の軍団です。

こうち生協にもメンバーがいます。

 

高知支店 蒲原

スタッフの日常 / 2018年04月26日
ページ先頭へ