寒くなりました・・、皆様、風邪にはお気をつけくださいね。

既に風邪をこじらせた本店営業の内海です・・

 

長男のリクエストでボーリングに行ったので、今回はその時の様子をご紹介します。

 

末っ子は、すべり台を使っての初参加。


頑固な性格なので投げさせるのも一苦労です。

 

 

活発な次男は一人で投げられるようになっていました。


~こいつは上手い・・長男より上手いかも~

 

 

スコアで次男に負けて慌てる長男の姿。

~6歳も年下に負けるのか・・

 

その様子を見た次男の表情。

 

 

最終的には僅差で負けてこの表情。

 

この後も負けた悔しさから激おこ状態に・・

 

私は一人っ子なのでわからないのですが、兄弟の競争意識って本当に強いし年齢も関係ないのですね。

楽しかったですが、どっと疲れた日曜日でした。

 

 

先日、娘が

「お父さん鎌倉幕府っていつ出来たか知っとるで?」

と聞いてきたので

「そんなんも知らんと思とんか。1192年じゃ」

って、自信満々で答えてしまいました。

「ブブー!!今は、1185年に変わっとんでよ。そんなんも知らんの?」

と言われてしまいました。

そうなんじゃ、と感心して聞いてから無性に気になって、何故変わったかいろいろ調べてみました。

今回は、雑学としてお付き合いください。

 

調べていてわかったのですが、どうも鎌倉幕府の成立年が1185年というのも、数ある説の中の1つであり、新しい発見がされたということではないようです。

将来、また変わったりするのでしょうか?

以下、私が調べてなるほどと思った理由です。

 


頼朝は義経を討つために諸国を探索する事を理由として、源頼朝は1185年、諸国に守護・地頭を設置する権限を後白河に認めさせました。

鎌倉幕府が1185年に成立したとされるのはこの部分を重視しているそうです。

守護というのは、律令体制の時の国司の権限を引き継いだものであり、これを任命する権利があるということは(守護を設置できる国に限っては)頼朝の支配下に組み入れることが出来た。

つまり、この時期を有力視するのは1192年に征夷大将軍に任命される以前から、「実質的に源頼朝を中心とする支配体制が確立したといえるのではないか」との考えからです。


 

他にも気になって昔の教科書と今の教科書の違いをいくつか調べてみました。

いっぱいあったので、個人的に興味深いものをいくつか挙げておきます。

理由が気になる方はご自分で調べてください。また、ガセネタだった場合は、ご容赦くださいませ。

 

○「仁徳天皇陵」が『大仙陵古墳(大山古墳))』に変更。

  有名な前方後円墳も変わっていました。

 

○大化の改新は645年から646年に変更される。

  何て、語呂合わせして覚えるんだろうか?

 

○士農工商は記載がなくなった。

  士農工商はあくまでも職業の違い・分類であって、職業間の

  差別や格差を示す身分制度ではないという認識だそうです。

  私の家は農家だったので、子供心に2番目に偉いと思っていたのは勘違い?

 

○リンカーンがリンカン

  「人民の、人民による、人民のための政治」リンカン大統領のお言葉。何か有難みが違うような・・

 

○消えつつある「聖徳太子」

  「厩戸王(うまやどおう)」の表記が増えてきているらしい。何か違和感が・・・

 

以上、徳島支店 Yの雑学コーナーでした。

先日、友人の誘いでTV番組の“プレバト“でおなじみの夏井いつきさんと芸人FUJIWARA藤本敏史さんとフルーツポンチの村上健志さんの俳句トークイベントに行きました。


 

ここ愛媛松山は、今年「子規、漱石生誕150周年」を大々的に取り上げて、色々なイベントが開催されているようです。

「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」

という子規の俳句が有名ですが、この俳句には療養中の子規に色々と世話してくれた漱石への礼を表した俳句では?子規漱石2人の友情の証では?という説もあるそうです。

 

イベントでは、はじめに野志松山市長より挨拶があり、オバマ前大統領が俳句を詠んだと紹介されました。

Spring, green and friendship

United States and Japan

Nagoyaka ni

「春緑 日米きずな 和やかに」

俳句って世界へと広がっているんですね(^-^)

 

夏井いつきさんは、私の母校の国語の先生をしていたということもあり、TV番組の“プレバト“ファンの私は、とても楽しみにしていました。

夏の俳句甲子園の話とか、TV番組の“プレバト“での2人の成長ぶりなどなど面白い話をききました。

そのあと“俳句対局”がありました。

“俳句対局”とは、将棋みたいに制限時間内に1対1の俳句を作り合う俳句対決です。

前回チャンピオンの方と他各地区優勝者3名のすごいバトルをはじめて観ました。

対局にはルールがあり減点があったり、審査する方々の評価も楽しかったです。

 

先日道後を散策して、私も俳句を・・・といいたいところですが、なかなか難しいですね。

でも、ちょっと挑戦してみようかな??

 

担当 R

ブログをご覧の皆さん、いつもお世話になっております。

今週担当させていただきます、本店の高田です。

寒くなってきましたので、体調に十分お気をつけ下さい。

 

先日、会社の皆とボーリング🎳に行って来ました。

土曜日の夜ということもあり、ディスコボールの日でした。

隣のレーンの若い学生?さんなど、躍りながらボーリングを楽しんでいました。

さすがに、私達は躍りながらではなかったですが、皆でワイワイ楽しいボーリングでした。

また19日の日曜日は、とても寒い1日でしたね。

その天候の中、新居浜で愛媛県中学校駅伝が開催されました。

私の次男も2 走目に走りました。

全体の2位で襷をもらって、1位とのデッドヒートの中、そのまま2位で襷を繋ぎました。

残念ながら結果は全体7位入賞の成績で終わりましたが、選手の皆が全力で走り、襷を繋ぐ姿に感動させられました。


高知支店のDです。

 

最近驚いたこと、それは「煽り運転」です。

皆さんも御記憶されていると思いますが・・・・

 

ニュ-ス等で連日報道された、神奈川県大井町の東名高速で今年6月に起きた追い越し車線に停車中のワゴン車が大型トラックに追突されて搭乗中の夫妻が死亡しました事件です。

神奈川県警の捜査で別の車とのトラブルに巻き込まれ煽られていたことが後で分かり全国に衝撃を与えました。

今回の痛ましい事件が他の事件と違って感じられたのは自分にも十分起こり得ることだったので、日頃高速道路を使う身としては決して他人事に感じられませんでした。

 

日本自動車連盟(JAF)の昨年6月のインタ-ネット調査によると有効回答数64,000人余の内運転中、後方からよく煽られるとが「よくある」と答えたのは7.9%、「時々ある」は46.6%合わせると何と2人に1人が普段から煽り運転に直面している現状がわかります。

特に、1車線の対面高速道路での煽り運転はかなり恐ろしく、私自身も何回か経験したことがあります。

異常接近、ハイビ-ム、パッシング、クラクション(大音量)、幅寄せなどの危険運転等です。しかも嫌がらせ行為は酷いものだと数キロにも及びます。

相手は大型トラックの場合もあれば、軽自動車の場合もあり一つ間違えば今回のような重大事故に巻き込まれる危険性を孕んでいます。決して、他人事ではないと思います。

 

昨年2016年に起きたこの類の「煽り運転」正確に申しますと「道路交通法第26条の定める車間距離不保持」で警察に検挙された件数は7,625件もあり、内9割の6,690件は何と高速道路での検挙となっています。

また、車間距離を十分取らないことにより事故に至ったケースは1,229件、内高速道路では75件発生しています。

この煽り運転は非常に悪質な行為ということで2009年に厳罰化されており一般道路では「5万円以下の罰金」に対し、高速道路では「3カ月以下の懲役又は、5万以下の罰金」となっています。

 

「煽り運転」は人命さえ危険にさらす危険運転に分類されます。れっきとした「犯罪」です。

相手を今回の様に事故・死傷等に追いやった場合は「危険運転致死傷罪」が適用され厳罰に処される可能性があります。

煽り運転で死傷事故を起こした場合 死亡事故で1年以上20年以下(加重により最長30年も)の有期懲役。負傷で15年以下の懲役が科せられます。また運転免許は基礎点45点から▲62点により免許取り消し・欠格期間5年~8年の行政処分を受ける可能性があります。そうは言うものの「煽り運転」をする人はそんなことをすら知らない人が多いと思います。

 

そこで、「煽り運転」対策としてお薦めなのはズバリ

●安全防衛運転の徹底(危険な運転車に関わらない)

●ドライブレコ-ダ-を装備すること

●同時にドライブレコ-ダ-搭載していることをステッカ-でアピ-ルする

●自動車保険にある(高度な事故対応サ-ビスや事故防止支援サ-ビス、安全運転診断サ-ビス)の特約を付けておく(東京海上日動のドライブエ-ゼントパ-ソナルがお薦め)

等が挙げられます。

私自身も今月中にはこういった対策を自分の車に施すつもりです。

よろしかったら皆さまもご参考までに・・・・

1 / 3112345...102030...Last »