有限会社コープサービスしこく

スタッフブログ

夜中の地震

2022.01.31スタッフの日常

年明けから、新型コロナウイルスのオミクロン株が猛威を振るっていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本店担当Nです。

 

先日、1月22日午前1時過ぎ、日向灘でマグニチュード6.4の地震が発生し、就寝中に起きた方も多かったと思います。

いつもなら緊急速報が鳴るところ、家族の携帯すべてが知らないうちに「通知オフ」になっており(キャリアを変えたから?)、主人の会社の携帯が遠くで鳴っている音で目が覚めました。

目が覚めて少ししてから長い揺れが起こりましたが、揺れているときにベッドから飛び起き、子供部屋に様子を見に行ってしまいましたが、今思えば危ない行動だったなと反省しました。

 

2001年3月24日の芸予地震の時も長い揺れでしたが、その時の方が揺れが大きかった記憶があります。

その時は仕事中でしたが、地震で揺れているときに階下のフロアまで階段を駆け下りました。

あとで落ち着いて考えると、よくケガをしなかったと反省したのを思い出しました。

 

今一度、地震が発生した時の事を家族で話し合っておくといいですね。

 

また、大事なのが自宅や家財の補償です。

地震により自宅に被害が出た場合、国からの補償は全壊・半壊の場合で300万までです。

そのため、地震保険に加入しておらず住宅ローンだけ残った・・・ということにならないためにも、火災・地震保険の見直しも必要だと思いました。

 

当社でも、火災・地震保険の取り扱いがありますので、お気軽にお問い合わせください。

「備えあれば憂いなし」です。