有限会社コープサービスしこく

スタッフブログ

キネマM

2018.04.26スタッフの日常

「ローサは密告された」

「午後8時の訪問者」

「ポンチョに夜明けの風はらませて」

「一万年後の子供」

「キングスマン/ゴールデンサークル」

「しゃぼん玉」

「絵の中のぼくの村」

「パターソン」

「嘘八百」

「女神の見えざる手」

「希望のかなた」

「biank13」

 

今年になってほぼ3月までに観た映画です。

昨年より明らかに多い、月に4~5本のペースです。

 

「キネマM」 昨年10月に1年の期間限定の映画館が高知市中心部にオープンしたからです。

 

ミニシアターと名画座の、以前紹介した「あたご劇場」と同じ系統ですが、かなりおしゃれ。

 

父は奥田瑛二、母は安藤和津、妹は安藤サクラ、義弟は柄本佑の、映画監督、安藤桃子の映画館だからです。

 

映画「0.5ミリ」のロケで高知が気に入り移住、映画館の少ない高知での文化発信にと立ち上げたとのこと。

 

早速、会員となり月2回のペースで通っています。

 

 

高知の街に出たなら、劇場だけでも観に行く価値ありと思います。

 

 

おまけ

劇場入り口で「土佐泥酔党」のチンドン屋さんパフォーマンス。

知る人ぞ知る謎の軍団です。

こうち生協にもメンバーがいます。

 

高知支店 蒲原