こんにちは、花粉症に悩まされています本店生保営業の内海です。

皆様も花粉症にはお気をつけ下さいね。

 

4月より長男・次男がそれぞれ中学・小学校へ入学し子供達の生活にも変化が訪れました。

 

次男君、入学式当日はご機嫌でしたが・・・幼稚園と違い朝が早いので毎日送り出すのも大変なようです。

 

長男君、中学校は家の裏なので距離的にも近くなり朝も余裕ができたようです。

 

環境も変わりストレスもあるかと思いますが、二人とも頑張ってくれているようです。

子供達の成長を見ていると、私自身のモチベーションアップにも繋がります。

彼らに笑われないよう、私も頑張って仕事しようと密かに燃えています。

新年度を迎え、新入社員さんや新入生の皆様も、日々忙しい毎日をお送りの事と存じます。

 

我が家の中学生が来月修学旅行を予定していることもあり、今回は、徳島県の修学旅行事情についてお届けしたいと思います。

 

私たちの時代は、中学校の修学旅行といえば九州が定番でしたが、今は「沖縄」です。


 

もちろん公立の中学校ですが、1年生の時に行き先に関するアンケートが実施され、参考とするようです。

 

費用は、2泊3日で66,000円也。

1年生の夏から分割払いが開始されます。

★1年生の夏に一括払いすれば、早期申し込み割引で546円だけ割引になります。

余談ですが、保険でも月払いではなく年払いにすれば、少しだけ割引があります。

 

その他の費用として、マリンスポーツor文化活動に分かれるオプショナルツアーがあり、体育会系のわが子は、もちろんマリンスポーツで4,100円の参加費。

小遣いは?ですが、いろいろな準備を含めると総額10万円は必要か。。。

 

また、最近の修学旅行は、スポーツバッグではなく、キャリーケース(ころころ)を持参する人が殆どらしいです。

 

自分たちの頃とは随分変わりましたが、一生に一度の貴重な体験という事だけは変わらないので、良い思い出になるよう、無事に楽しく、行ってきてくれるだけで満足です。

 

徳島支店 山田

毎朝、通勤の途中眺めていた桜もあっという間に咲いて、もうすっかり葉桜になりましたね。

 

先日、友人に誘われて広島~山口日帰り花見ツアーに参加しました。

 

まずは、しまなみ海道を渡り世界文化遺産の厳島神社、日本三景のひとつ「安芸の宮島」へ。

お天気もよかったので、かなりの人出でした。

フェリーで島に渡り、海上に立つ高さ16mの大鳥居~迫力がありました。


大鳥居をバックに鹿と一緒に記念撮影。

 

宮島で食事。牡蠣フライに牡蠣焼き~めっちゃ美味しかったです。

もみじまんじゅう味のソフトクリームも食べて、お土産も買いました。

またフェリーに乗って宮島をあとに。


 

 

 

バスに揺られて次の目的地は山口、錦川に架橋された木造のアーチ橋、日本三名橋の錦帯橋へ。

 



 

小鳥のさえずりも素敵で、その上いろんな種類の桜が満開でした。

 

屋台のれんこんコロッケを食べて・・・って食べてばかり??今日はいいよね!??

 

次の花見は薔薇かな?と相談しながら帰路に着きました。

 

担当R

ブログをご覧の皆さん、いつもお世話になっております。

今回ブログの担当をさせていただきます、高田です。

 

4月に入り、新しく入園・入学をされた皆さん、また社会人としてスタートを切られた皆さま、誠におめでとうございます。

先週は雨が降ることがありましたが、気温がぐっと上がり、とても暑い日が続きましたね。

何となく春を向かえることなく、夏がきてしまいそうな感じでした。

皆様の中でも、お花見🌸に出かけられた方もいらしたんではないでしょうか?

私はここ何年もお花見に出かけることもなくなりましたが、会社から歩いて帰ることがありますので、城山公園広場のさくらを見て帰ることが多く、夜桜を見ながら帰宅しています。

夜桜でお花見をされている方も多く、日中とは違った雰囲気で桜を見るのも良いものですよ。

 

 

また、県民球団愛媛マンダリンパイレーツの2017年四国アイランドリーグが開幕しました。

4月1日の開幕戦で二連敗のスタートを切り、5試合を終えて0勝3敗2引き分けの状態で苦戦していましたが、16日のホームゲームで初勝利を上げました。

このまま、アイランドリーグ3連覇を目指して、快進撃が続くと信じています。

ぜひ、皆様も県民球団愛媛マンダリンパイレーツの応援に駆けつけましょう!

高知のDです。こんにちは!

 

宮尾登美子の小説で映画にもなった「鬼龍院花子の生涯」で舞台になった陽喗楼のモデルが現在高知市にある料亭「得月楼」ですが、得月楼に買収される前は「此君亭」と呼ばれておりました。

明治16年に板垣退助が欧州の外遊から寄港した際に催された大歓迎会の会場は「此君亭」別館の浦戸湾に浮かぶ小島「丸山台温泉場」でした。料亭のみならず温泉場まで備えていた保養場で、そこに屋形船で赴くという趣のある場所です。

残念ながら南海地震の時に崩落し、現在では公園になっていますが、普段は立ち寄る事が適わず「海鳥の楽園」となっています。

 

毎年3月の(第一週の日曜日)に開催されるのが「丸山台でおきゃく」です。


高知市にある料亭「濱長」さんが中心となって行っている春の恒例イベントで、今年は3月5日(日)に開催され、当日は公文豪先生(土佐史談会副会長)による土佐の幕末、明治のお話や、芸妓さんの踊りや料理を堪能しました。

また舞台では「はし拳」や「芸妓さんの踊り」があり、お客さんと芸妓さんが一緒にお座敷遊びを体験し、初めての人や県外からの常連の方もいて大変盛り上がります。

皆さんも是非一度、春先の土佐路へお越し下さい。

市内中心部では歌や有名よさこいチ-ムによる踊り、地元の美味いも出店も多数あり、街全体が巨大な「宴会場(おきゃく)」と化し、大変な賑わいになります。酒好きにはたまりません。


今年は、春のお客最終日の3月12日(日)に料亭「濱長さん」に四国4県の舞妓さんが集まって艶やかな舞いを披露する「四国四花街・華の饗宴」が開催されました。

どの県の芸妓さんも艶やかで踊りも上手「華」そのものでした。


来年も元気に参加できるといいねと嫁さんと話したことです。