年末炊き出し

平成30年も早1ヶ月が過ぎようとしていますが、いかがお過ごしですか?

今年もよろしくお願いいたします。本店担当Tです。

 

さて、私の昨年末のスケジュールを紹介したいと思います。

まず、12/21(木)~26(火)、高校生の息子の部活動合宿in大島がありました。

そこで大変だったのが、選手24名、マネージャー4名、指導者2名の30名分の食事です。

本来はマネージャーの仕事ですが、料理に不慣れなマネージャーに代わって買い出し、調理から後片付けまでするために毎日数名の母たちが大島まで通いました。

私は平日仕事のため土日のお手伝いしかできませんでした。

朝は一人1合、夜は一人1合半、お米の消費だけでも半端ないものでした。

 

 

 

24日のクリスマスはみんなの差し入れやマネージャーの飾りつけ等で、合宿所とは思えない豪華で楽しいクリスマスパーティーとなりました♪

 

合宿も無事終わってほっとしたのも束の間。

今度は28日(木)~31日(日)、九州より遠征に来られたチーム20名の炊き出しです。

選手は学校に宿泊だったのですが、学校の調理室が使用禁止だったため、各家庭で下ごしらえし、カセットコンロや調理器具を持ち込んでの調理は大変でした。

私も4時起きでご飯を炊き、朝食の下ごしらえをしてから学校で6時~8時までお手伝い、仕事が終わってから19時~21時頃までお手伝いをしました。

家に帰ってからも、持ち帰った皿洗い、鍋洗いが待っていました(>_<)

仕事納め後の、30、31日は朝からずっと炊き出しです。

 

でも、難しい年頃の高校生が『おいしかったです』『ありがとうございました』とさわやかに言ってくれるとかわいいもので、大変さも吹き飛びます。

子どもたちの合宿でありましたが、母たちも合宿と言っても過言ではないくらい大変でした。そして、母たちの連帯感も生まれた貴重な時間となりました。

『でも2度としたくないねー』と一緒にやり抜いたお母さんたちと笑って話しています。