ラーメン二星

高知で私が一番と認めるラーメン屋を紹介します。一般的にもナンバー1と評価される店です。

味とコスパとしては間違いありません。

 

土日の11:30開店前は必ず行列です。

 

メニューは中華そばと油そばのみ。

サイズは、少な目200g、普通250g、大盛300g、トク盛350g、ヤング盛500gとあります。

価格は、「中華そば」の少な目と「油そば」の普通が600円、「中華そば」の普通と大盛と「油そば」の大盛が650円、トク盛はどちらも700円、ヤング盛も同じで750円と超お得です。

トッピングはチャーシュー250円、チーズ、生たまごは各50円だけです。

 

これはサイズがわかりにくいですが「油そば」のヤング盛の麺500gです。

中に刻んだチャーシュー、ねぎが入っていて、粗挽きの黒コショウが振りかけられています。

チーズのトッピングが人気です。生たまごもプラスするとカルボラーナ風になります。

 

 

私は「中華そば」派、スープは魚介や椎茸などの乾物と豚肉、香味野菜の効いたさっぱりしょうゆ味、麺は中太ちょっと平打ちでちょいもちタイプの麺、具のメイン、さっぱりと程よく味付けされたチャーシューもおいしく、私の場合は、卓上にある、スープのタレとお酢、おろしにんにんく、一味、コショウで味を好みに調節して食べています。とにかく、強烈さはないですが、しみじみとおいしさを感じる味です。しかし、味のバラつき多少ありです。

 

具はチャーシューとネギ以外は、少し変わります。

青菜やナルト、ゆず皮をプラスだったり、余った卵があったからと、ゆで卵がプラスなんてこともあります。


 

しかし、一人で切り盛りされていることもあり、体調不良や、豚肉や麺が良くないとの理由で急な休みがとにかく多く、営業時間前の売り切れもよくあります。

Twitterでお知らせはするのですが、直前のつぶやきや、つぶやき忘れも多く、何度閉まった店の前で愕然としたことか。

また、駐車場がなく車で行くのには不便です。

少々頭に来ることもありますが、おいしさと満足感で許してしまいます。

 

お店については、7席のカウンターのみ、店の中で3人、外に3つの椅子があり、座って待つことができます。

券売機はなく、小皿にお金を入れます。

↓これは小皿に650円ですから「油そば」の大盛りですね。おしぼりとコップはセルフです。


 

私の場合は、この1年近く週1~2で通っています。

2日連続や、1日に昼と夜の連続もあり、これまでで一番通った店かと思います。

 

松山や徳島でもそれなりに評判の店にはいきますが、私にとってはナンバー1です。

ちなみに、松山では「水田商店」、徳島では「王王軒」が好きです。

 

場所的にも時間的にも、なかなか難しいと思いますがが、機会があれば是非「二星」をお試しください。

 

高知支店 蒲原